バイク用品マニュアル

オススメの工事用品情報を配信中!

マスキングテープとは字のごとく、覆い隠すためのテープのことです。
通常よく使用されるのは塗装作業の際などに多く、必要箇所以外を汚さずきれいに仕上げるために使用します。
マスキングテープも種類が様々で、素材、粘着力、幅、色など、それぞれの状況にあわせて選択されます。
よく使用されるのが車の塗装です。最も好まれて使用されるのは、粘着力が弱く簡単にはがせるものです。

 

さてこのマスキングテープ、発明した人はアメリカのスリーエムカンパニーという会社の従業員、リチャード・ドリューという人物。
ドリューは自動車塗装工たちが塗装作業をする時、塗装する箇所以外のところが汚れないように貼り付けていた紙を、作業終了後剥がす際、自動車の塗装も一緒に剥がれてしまう状態を目にしました。
そこで自動車塗装工たちはどうしていたかというと、なんとまた塗装し直していたんです。
それでドリューは、このままこの状態を続けていたらコストがかさんでしまうと思ったんですね。
それから彼は研究を始めました。そして研究の甲斐あり、1925年に世の中にこのマスキングテープを紹介する事が出来たのです。

 

このマスキングテープのおかげで、その後コスト削減は成功し、塗装工たちも塗り直しなんて無駄な作業をすることも減ったということです。
90年近く経った現在でも、多くのマスキングテープが使用されています。車産業などの塗装作業を必要とする世界では、マスキングテープは正に大発明であったといえます。

 

自動車整備などに欠かせないのは工具のひとつに、針金や銅線などを切ることができるニッパーがあります。
ニッパーは刃の種類が3つにわけられます。
家庭にもよくある工具ですので、使用方法は割とみなさんご存じな方が多いかと思います。
しかしきちんと使用方法に沿って使わないと、思わぬアクシデントが起きたりしますので、十分注意して使用するように心がけましょう。

 

ニッパーは銅線や鉄線を切断する工具です。ですので、それ以外の目的での使用は絶対やってはいけません。
もしニッパーの選び方を間違えて使用したりすると、すぐに刃は傷ついてしまい、ニッパーとしての機能はなくなってしまします。
刃は意外ともろいものなのです。
ですから、沢山ある種類の中から、目的に合ったものを選択し使うようにしましょう。

 

またペンチでも線は切ることができるのに、なぜニッパーが必要なのかと疑問に思いませんか。
それはニッパーとペンチでは、その線の切れ方が違うのです。
例えばペンチで線を切断すると、先がとがったように切れますが、ニッパーで切断した場合、平らに切れるのです。
ですので、それぞれの性能をよく把握して、作業の役に立てましょう。


 
 
 


- お勧めの情報 -

壁収納についてのサイト
壁収納、今すぐ
URL:http://ioo-sofa.net/



バイク用品マニュアルブログ:20140423
まだ2歳だった息子が、
白血病と診断されたのは、
2年前の3月初旬のことだった。

紹介状を持って受診したその日に
「入院」を言い渡された。

しかし、何となく予想した壮絶さとは裏腹に、
治療は実に淡々と進行していった気がする。

あまりのことに
息子も私も夫も呆然としていた…
というのが実際のところだったのかも知れない。

一家揃って呆然としながらも、
入院生活で一番困ったのは
やはりご飯の問題だった。

慣れない病院食に息子も戸惑ったが、
13時21時つきっきりの私も、実はかなり困った。

付き添いの人間にまでご飯を提供できる程、
医療制度は甘くない。

売店に足を運ぶも、
少ない品数から消去法で
食べるものを決める始末…

出来合い弁当の、
炭水化物と揚げ物・焼き物攻めでは、
食べ続けるにも限界がある。

コストだとか安全性だとか
作る側にも言い分はあるのだろうけど、
それにしてもこういった出来合いのものは、
糖分・塩分・油分がてんこ盛りなのだ。

14日間もたたないうちに、
私の体質と肌は
以前にも増してボロボロになってしまった。

一人家に残った夫も、
ついインスタントとんこつラーメンやコンビニ弁当に頼り…
似たような状況だった。

ありがたいことに、
ママが仕事の合い間を縫って、
付き添いを交代してくれたある日。

病院の帰り道にある店で、
私はタッパーを買い漁っていた。

「父母の私達が、今倒れる訳にはいかない」と思ったのだ。

それには、ちゃんと食べることが必要不可欠!
器なんか何だって良い!高級品も要らない!

ごく普通の「家庭の味」を味わいたかった。
それからというもの、帰宅時には大量の食材を買い込み、
私は家に居るわずかな時間の多くを調理に費やした。
手製の保存食をつくるために…


ホーム RSS購読 サイトマップ
バイク用品マニュアル モバイルはこちら